IT導入補助金

ITツールの導入により、新しい業務体制をつくる
業務効率化・売上アップをサポート
本ページに掲載されているのは、2021/05/19時点の情報です。

ITにより業務効率で生産性を高める
“守りの補助金”

IT導入補助金はITツールを活用して業務効率を高めることを目的とした補助金制度です。
なんとなく難しそうですが、簡単に説明すると生産性を向上させるためにITツールを導入しましょうということです。
ITツールとは、ソフトウェア製品・クラウドサービス、それに付随するオプション・役務などを指します。

補助対象者

■中小企業
(飲食、宿泊、卸・小売、運輸、医療、介護、保育等のサービス業の他、製造業や建設業等も対象)

■小規模事業者

補助対象経費

ソフトウェア費、導入関連費、低感染リスク型ビジネス枠(特別枠:C・D類型)は左記に加えハードウェアレンタル費等が対象
※IT導入補助金サイトにて公開予定のITツールが補助金の対象です。

2つの申請枠

通常枠(A・B類型)

中小企業・自営業のみなさまがITツール導入に活用いただける補助金です。

  • 費用の1/2、最大450万円を補助

  • 様々な業種・組織形式に対応

  • 自社の課題にあったITツールを導入可能

  • 当社が申請・手続きをサポートします!

低感染リスク型ビジネス枠(特別枠:C・D類型)

テレワーク導入や業務改善の費用については、「低感染リスク型ビジネス枠」の利用が可能です。

  • 補助率が最大2/3に拡充
    最大450万円を補助

  • PC・タブレット等のハードウェアにかかるレンタル費用も補助対象

  • 複数プロセスの非対面化や業務の更なる効率化を目的とした事業が対象

補助対象比較表

引用元:https://www.it-hojo.jp/

※A・B・C-1・C-2・D類型のうちいずれか1類型のみ申請可能。
※1:「プロセス」とは、業務工程や業務種別のことです。
※2:ツール要件(目的)について、詳しくは下記の公募要領をご確認ください。
※3:賃上げ目標について、詳しくは下記の公募要領をご確認ください。
※上記は大まかな相違点の抜粋のため、詳しくは下記の公募要領をご確認ください。

具体的にどのようなことに使えるのか?

ITソフトウェアとハードウェア両方の導入に対して補助対象となります。
IT導入補助金サイトに掲載しているものを一部転記しました。

  • 定期的なルーチンワークが負担

    自動化・効率化ツールを導入!
    定形処理作業をRPA等の自動化ツールを利用し自動化することで、担当者の業務負担を軽減します。

  • 社内の情報共有がうまくいっていない

    社内グループウェアを導入!
    スケジュール管理や書類管理、ワークフローなどさまざまな機能を持ったグループウェアを導入することで、スタッフ間の情報共有の課題を解決します。

  • 経理関係の手作業を何とかしたい

    財務会計の自動化・効率化ツールを導入!
    定形処理作業をRPA等の自動化ツールを利用し自動化することで、経理担当者の業務負担を軽減します。

  • 顧客へのアプローチができていない

    顧客管理・マーケティングツールを導入!
    顧客管理をシステム化することで、効率化が図れるだけでなく、よりスピーディーで効果的な営業活動が実現できます。

申請について

IT導入補助金のサイトにアクセスしていただくと、サービス提供者が登録したITツールがずらりと並んでいます。
その中から自社で導入したいものを選んで申請するだけ!具体的な流れは以下のようになります。

  1. サイト上で使えそうなITツールを調べる
  2. ITツールを提供している会社に連絡
  3. 具体的にどう導入するかの打ち合わせ
  4. サイトから申請
  5. 交付決定
  6. ITツールの導入
  7. 補助金の支払い
  8. 実際に導入したい場合は、
    ITサービスを提供している会社に相談するということからはじめていきます。

スケジュール

※各日程は予定であり、状況に応じて変更になる可能性があります。

通常枠(A・B類型)

交付申請期間 2021年4月7日(水)受付開始~終了時期は後日案内予定
1次締切分 締切日 5月14日(金)17:00
交付決定日 6月15日(火)
事業実施期間 交付決定日以降~終了時期は後日案内予定
事業実績報告期間 後日案内予定
2次締切分 締切日 7月30日(金)17:00(予定)
交付決定日 8月31日(火)(予定)
事業実施期間 交付決定日以降~終了時期は後日案内予定
事業実績報告期間 後日案内予定
3次締切分 締切日 9月中(予定)
交付決定日 10月中(予定)

低感染リスク型ビジネス枠(特別枠:C・D類型)

交付申請期間 2021年4月7日(水)受付開始~終了時期は後日案内予定
1次締切分 締切日 5月14日(金)17:00
交付決定日 6月15日(火)
事業実施期間 交付決定日以降~終了時期は後日案内予定
事業実績報告期間 後日案内予定
2次締切分 締切日 7月30日(金)17:00(予定)
交付決定日 8月31日(火)(予定)
事業実施期間 交付決定日以降~終了時期は後日案内予定
事業実績報告期間 後日案内予定
3次締切分 締切日 9月中(予定)
交付決定日 10月中(予定)

【各種申請・提出の受付締切時間について】

上記スケジュールに記載の通り、「17:00まで」と記載している各種申請・提出については、締切日当日の17:00をもって申請マイページあるいはIT事業者ポータルから事務局への申請・提出等が行えなくなりますのでご注意ください。
また、締切の直前は申請マイページ及びIT事業者ポータルへのアクセスが集中するため、各種画面の遷移、SMS認証等に伴う接続時間が通常よりも長くかかってしまう可能性があります。そのため、各種申請・提出は、日時に余裕をもって行っていただきますようお願いいたします。
なお、締切時間を超えた場合は、いかなる理由であっても受付対応は一切いたしかねますので予めご承知おきください。

採択数と採択率

採択数と採択率についてですが、IT導入補助金について採択率は公表されておりません。中小企業診断士の岩永武大さんのブログに記載がありましたので紹介します。

【2020年度】IT導入補助金の倍率(採択率・交付率)

2020年度のIT導入補助金の採択率はトータルで42%で以下各回毎の採択率でした。
(株式会社 知好楽ネットワーク調べ)

採択率
1次 50%
2次 50%
3次 50%
4次 50%
5次 50%
6次 49%
7次 48%
8次 33%
9次 20.8%
10次 19.2%
合計 42%

過去4年(2017年〜2020年)のIT導入補助金の採択率

2017年〜2020年の合計採択率は56.3%でした。

年度 採択率
2017年 約50%
2018年 約100%
2019年 約33%
2020年 約42%

当社が支援できること

当社にて事業再構築補助金を活用して支援できる一例をご紹介いたします。

  • WEBサイトと顧客管理を連動させるシステム

    せっかくWEBサイトからお問い合わせがあっても、社内の対応フローが確立できていないとチャンスを逃してしまう可能性があります。この機会に顧客管理システムとあわせて、お問い合わせの管理方法を見直しませんか?

  • 採用活動の効率化を行う人事システム

    採用活動での求職者とのやりとりが煩雑になっていませんか?
    採用活動はスピード対応が何よりも大切!採用担当が複数いる場合にもおすすめの社内管理ツールをご提案差し上げます。

  • ECサイト構築・運用・保守

    オンラインショップを新規で立ち上げる際、何から手をつけたらよいかお悩みの方におすすめ!
    ショップの仕組みから運用・保守までしっかりとサポートさせていただきます。

  • LINEを使った受発注システム

    One to One マーケティングの時代、顧客とのやりとりにLINEなどのSNSツールを活用していくのはもちろん、受発注などの取引ももっと簡単になる仕組みをご提案させていただきます。

まとめ

『事業再構築補助金』が売上を上げることを目的にした“攻めの補助金”だとしたら、『IT導入補助金』は業務効率化を目的にした”守りの補助金”といえます。

調査によると、中小企業のITによる業務効率化をしている割合は50%程度だそうです。
そのため、国は中小企業のIT化を進めようと必死なわけです。
ぜひ一度、IT導入補助金のホームページを確認して、自社に合いそうなものをチェックしてみてください。

こんな簡単な補助金、使わない手はありません。
事業再構築補助金とのダブル活用も可能ですよ。

対象企業 [1]中小企業(飲食、宿泊、卸・小売、運輸、医療、介護、保育等のサービス業の他、製造業や建設業等も対象)
[2]小規模事業者
補助額 ・通常枠(A・B類型) … 最大450万円(補助率1/2)
・特別枠 … 最大450万円(補助率2/3)
補助対象になるもの ソフトウェア費、導入関連費、低感染リスク型ビジネス枠(特別枠:C・D類型)は左記に加えハードウェアレンタル費等が対象
申請 電子申請(GビズIDプライムアカウントが必要)
主催・運営 独立行政法人中小企業基盤整備機構より採択され、当機構および経済産業省監督のもと一般社団法人サービスデザイン推進協議会が事務局業務を運用
公募期間 2021年4月スタート(複数回実施予定)

関連リンク

お気軽にご相談ください