勝率を狙うなんてつまらない

あけましておめでとうございます。
本年も週刊秋葉塾をよろしくお願いします。
昨年末はどう過ごしましたか?
僕の年末といえば格闘技。
ということでRIZINにくぎづけでした。
一番楽しみにしていたのは【朝倉海VS堀口恭司】の一戦。
試合はカーフキックで朝倉選手の右足を粉砕。
そこからパウンド→レフリーストップと見事リベンジ達成!
それともう一人。所英男選手。
フリーターからスターに上り詰めた努力の人。
同じフリーター経験者としてずっと応援していました。
そんな彼も43歳。現役最後の試合かもしれません。
対戦相手は元レスリング銀メダリストの太田忍。
パワーに圧倒されましたが粘りに粘って得意の関節技で一本勝ち。
最高の試合でした。
今回初めて知ったのですが、所選手は結構負けの多い選手だったんですね。
(戦績は32勝26敗)
大物に勝ったり派手な試合が多いから結構勝っていると思ったのですがそうじゃなかった。
彼は面白い試合にこだわっている選手
だからファンも多いし、テレビにも呼ばれるんだと思います。

─────────────────────────────
たくさん勝つし 負けることもあるだろう
でもいつか そのすべてが尊くなる
─────────────────────────────

彼を紹介したときのナレーションです。
素敵だと思いませんか?
無難になってはいけない。
失敗を恐れてはいけない。
そんなことを感じ新しい年を迎えることができました。
そのすべてが尊くなるよう取り組んでいきたいと思います。
**********************************
今週も週刊秋葉塾をお読みいただきましてありがとうございました。
こんなこと思ったのは、
昨年のゴルフ最終ラウンドで5年ぶりの100オーバーを叩いたからです。
平均スコアを上げることを目標にしていた自分がバカバカしく思えました。
もっと思い切ってやらないと!
**********************************

pagetop