Staff Blog
スタッフブログ

下駄を探しています。

  • 追加する

皆さんこんにちは、
最近エヴァンゲリオンを見てドはまりした永田です。

本日はGWにしたことの話をしようと思います。

このGWにしたことは「下駄探し」です。
何を言っているんだそう思っている人もいると思います。
想像している下駄で間違いありません。

おかしくなったわけではなくて、
夏は涼しい恰好して下駄はいて歩くってのが今年の目標です。

ということで、まずは自分がどんな下駄欲しいか
調査してみようというところから始めました。



自分は全然知らなかったのですが、下駄にも色々な種類があることに気づかされます。
大きく下駄の天板の種類と歯の形が選べるというのだと、、


下記簡単に紹介です。

●下駄の天板の形について
 天板の形は大きく3つあります!
 ・角が少し丸い、幅の広い下駄!最もポピュラーな形の大角下駄
 ・大角下駄よりも、少し幅の狭い大下方下駄
 ・角が直角の真角下駄
 
これだけでも好みが分かれそうですね、自分は足のサイズ的にも、
大角下駄がいいなと直感で思っております!!

次に、歯の形!イメージ2枚歯と1枚歯のものくらいしかイメージができていませんでした。
調べてみると種類が出てくる出てくる。

リンクの詳しい説明を見てもらえばと思いますが、
見た目イメージを自分が思った印象で伝えようと思います。

・駒下駄(二枚歯)
 「The 下駄」って感じ、求めているのはこれ!
・のめり
 前のめりから来ているであろう名前、短距離のスタート早そう。知りません。

・右近
 トイレにある

・舟形
 トイレにある

・一本歯
 天狗
 
こんな感じですね。
伝わりましたでしょうか。
※私が下駄を学んだサイト

これを一通り見た上で、吉祥寺にある履物屋に遊びに行きました。
朝一でいったのでお店一番のりで、店主さんから色々お話をお伺いすることができました。

自分が見ていった知識だけではなく、
木の種類や鼻緒もいろいろな種類から選べるのだと、、

奥が深すぎます。

選べません。

しかも足が大きいがゆえに、そもそも自分の入るサイズはなかなか入ってこないのだとか、、


敗北した気分でお家に帰って、さらに調査を続けていると衝撃の下駄を発見しました。
それがこちら。(現在は受注ストップ中とのこと)



こんなデザインの下駄もあるんですね、まだまだ知らないことだらけです、、

さすがにこれはエントリーモデルではない気がするので、
一旦普通の2枚歯の下駄をはいてみることにしようと思います。

かっこいい下駄見つけたら教えてください。

それでは、さようなら

















  • 追加する
永田

この記事を書いた人

営業・ディレクター

永田

#永田の記事をもっと読む

お気軽にご相談ください