補助金第二弾、IT導入補助金を使い倒そう!

今回は補助金紹介第二弾として「IT導入補助金」についてご紹介します。
IT導入補助金はITツールを活用して業務効率を高めることを目的とした補助金制度です。
なんとなく難しそうですが、簡単に説明すると生産性を向上させるためにITツールを導入しましょうということです。
ITツールとは、ソフトウェア製品・クラウドサービス、それに付随するオプション・役務などを指します。
具体的にどのようなことに使えるのか?
IT導入補助金サイトに掲載しているものを一部転記しました。

IT導入補助金の最大の特徴は、事業計画書の作成が不要だということです。
前回紹介した事業再構築補助金の一番のハードルは事業計画書の作成でした。
これは慣れないとなかなか大変で、コツやテクニックも必要になります。
それが不要ということ。大きいですね。
申請方法についても特徴があります。
IT導入補助金のサイトにアクセスしてもらうと、
サービス提供者が登録したITツールがずらりと並んでいます。
その中から自社で導入したいものを選んで申請するだけ。
具体的な流れは以下のようになります。
①ホームページ上で使えそうなITツールを調べる
②ITツールを提供している会社に連絡
③具体的にどう導入するかの打ち合わせ
④サイトから申請
⑤承認をもらう
⑥ITツールの導入
⑦補助金の支払い
実際に導入したい場合は、ITサービスを提供している会社に相談するということからはじめていきます。
補助金の分類については、
通常型のA型・B型と特別枠(低感染リスク型ビジネス枠)のC型・D型の4つの型があります。
こちらはITツールを登録側が決めるので、利用される方はあまり考えなくてもいいと思います。
以下簡単に説明しておきます。
(A類型)ITで効率化するプロセス(1つ以上)
(B類型)ITで効率化するプロセス(4つ以上) 賃上げ目標必須
(C類型)情報の連携や非対面業務の効率化を行うこと(2プロセス以上)
(D類型)テレワーク環境の整備と非対面業務を可能にすること(2プロセス以上)
補助額と補助率は申請する枠により変わります。
(A類型)30万円〜150万円未満 補助率1/2
(B類型)150万円〜450万円以下 補助率1/2
(C類型)30万円〜450万円以下 補助率2/3
(D類型)30万円〜150万円以下 補助率2/3
最後に採択数と採択率についてが、IT導入補助金について採択率は公表されておりません。中小企業診断士の岩永武大さんのブログに記載がありましたので紹介します。

いかがでしたでしょうか?
『事業再構築補助金』が売上を上げることを目的にした”攻めの補助金”だとしたら、
『IT導入補助金』は業務効率化を目的にした”守りの補助金”といえます。
調査によると、中小企業のITによる業務効率化をしている割合は50%程度だそうです。
そのため、国は中小企業のIT化を進めようと必死なわけです。
ぜひ一度、IT導入補助金のホームページを確認して、自社に合いそうなものをチェックしてみてください。
公募は2021年度4月から受付スタートするようです。
当社もベンダー登録して以下のITツールを提供予定です。
・ホームページと顧客管理を連動するシステム
・採用活動の効率化を行うシステム
・ECサイト構築(EC-CUBE/WooCommerce/Shopify/BASE/SOTRESに対応)
こんな簡単な補助金、使わない手はありません。
事業再構築補助金とのダブル活用も可能ですよ。
=======================================================
▼補助金名
IT導入補助金
▼対象企業
中小企業・小規模事業者
▼要件
①事業計画期間において、給与支給総額を年率平均1.5%以上増加
(被用者保険の適用拡大の対象となる企業が制度改革に先立ち任意適用に取り組む場合は、年率平均1%以上増加)
②事業計画期間において、事業場内最低賃金(事業場内で最も低い賃金)を地域別最低賃金+30円以上の水準にする・上記内容を交付申請前に従業員に表明する
▼補助額
A類型)30万~150万円未満
B類型)150万~450万円以下
補助率:1/2
C類型)30万円〜450万円以下
D類型)30万円〜150万円以下
補助率:2/3
▼補助対象になるもの
ソフトウエア費、導入関連費等
▼申請
電子申請(GビズIDプライムアカウントが必要)
▼採択機関
独立行政法人中小企業基盤整備機構(主催:経済産業省)
▼公募期間
2021年4月スタート予定(2020年度は10回実施)
▼URL
https://www.it-hojo.jp/2021/
=======================================================
**********************************
今週も週刊秋葉塾をお読みいただきましてありがとうございました。
IT導入補助金は昨年も支援したのですが、早めの方が採択率高かったです。
最後の方になると絶対に通る企画も不採択となっておりました。
やるなら早めがいいですね!
**********************************

pagetop